オシャレな出産内祝い

赤ちゃんが生まれたら、いろいろな方から出産祝いをいただきます。
そのお礼として、お返しとしてお贈りするのが出産内祝いです。
参考⇒出産内祝いランキング

 

 

出産内祝いの品物・定番

やっぱりタオル、入浴剤や石鹸などの日用品。
カタログギフトというようなものがスタンダードです。
でも、せっかく自分の赤ちゃんが生まれたときに贈るものなので、ちょっとでもオシャレで気の利いた品物を贈りたいという方も多いでしょう。

 

オシャレ

オシャレという感覚は人によって違いますから、例えばインテリア用品の贈り物だと、迷惑になってしまうこともあります。

 

最近は減っているようですが、一昔前だと自分の子供の名前を入れた写真立てなど、名入れの品物を贈る方も多く、もらった方は使い方に困ることもありました。
記念と言えば記念です。
でも、名入れの品物は自己満足になってしまうことが多いので、たとえオリジナリティがあるとしてもやめておきましょう。

 

 

お子さんのいる方へ

ですが、もし贈る相手のお家にお子さんがいるようでしたら、そのお子さんの名前を入れた品物を贈るのはちょっとオシャレですね。
幼稚園や小学校などで使えるもので、ワンランク上の小物だとまったく迷惑ではありません。
喜んでもらえます。

 

それ以外でオシャレな出産内祝いだと、最近人気のオーガニック商品がオススメです。
オーガニックなら、身体や環境に優しいものなので、赤ちゃんが生まれたお祝いとして最適。
オーガニック商品は食べ物から飲み物、タオルなどの日用品が揃っています。
誰に贈っても邪魔にならず、ハイセンスな贈り物として重宝されるでしょう。

出産内祝いの相場

出産内祝い(出産祝いのお返し)は、もともとは子供が生まれた喜びと、これからよろしくお願いします。
という気持ちを込めて、親類縁者やご近所さん、友人知人に配るものでした。
でも今は時代も変わり、出産祝いをいただいた方へのお返しとして贈るのが、出産内祝いとなっています。

 

出産内祝いの金額的な相場

もらったお祝い金額の半額、もしくは1/3というのが一般的です。
結婚内祝いも同じような相場となっています。
ただ、目下の人に対しては、お祝い金と同等の金額のお返しをするのが常識とされています。

 

出産内祝いは、自分たちにというよりも赤ちゃんへのお祝いが含まれているので、全額相当のお返しをする必要はありません。
目上の方によっては、高額なお祝いをいただくこともあるでしょう。
こういった方には、高価なお返しのは逆に失礼にあたることがあります。
気をつけましょう。

 

気持ち

内祝いのお返しを期待している人は少ないです。
だから、相場を知ることはマナー違反にならないために必要ですが、あまりこだわる必要もないと思います。
大事なのは、金額よりもお祝いをいただいた感謝の気持ちです。

 

その気持ちを表す方法として、品物もそうですが
手書きのお礼状を添える、1日も早く内祝いをお贈りする方が効果的。
形式にとらわれ過ぎず、失礼のないような金額のものを贈るようにするといいですね。

出産内祝いのマナー

出産内祝いのマナーについて紹介します。

 

一番に気をつけなければいけないこと

それは「相手から贈られたものよりも高額なものを贈らないこと」です。
良かれと思って高価なものをセレクトしたとしても、喜んでくれる方ばかりではありません。
ただ自分が贈ったお祝いの1/3以下の価格のものをもらった場合、カチンとくる場合もあるそう。
なので、もらったものの1/2程度のものを贈ると、角が立たないでしょう。

 

届け方

カードや挨拶状がない場合や、のしや包装がない状態はとても失礼です。
何に対する贈り物なのかな?と思われてしまう場合もあります。
贈る際にはきちんと「内祝い」の熨斗と、一言メッセージカードを贈ると良いでしょう。

 

お返しの時期

お祝いを受け取ってから1ヶ月以内を心がけてみてくださいね。
マナーは最低限守ることによって、「きちんと感」がでます。
今後、関係がギクシャクしないためにもね。

 

内祝いの品

カタログギフト

カタログギフトは相手が好きなものをカタログから選べるので、無駄がありません。
そのカタログの中に「これが欲しかった」というものがあれば、しめたものです。
カタログギフトといっても様々な種類がありますが、一体どのようなものを贈れば良いのでしょうか。

 

カタログギフトのメリットは、贈られる側に「好きなものを選んでもらえる」こと。
つまり掲載商品の選択肢が多ければ多いほど、贈られる側にとってはありがたいわけです。
カタログギフトを贈られる側の気持ちを考えた場合、選ぶ品が少ないと、欲しいものが見つかる確率が低くなります。
なので、同じ価格帯のカタログギフトでも、より掲載商品数の多い会社のものを選んだほうが良いでしょう。

 

出産内祝いであれば、一番のおすすめはリンベル カタログギフトの「マゼラン&アイリスコース」です。
アイテム豊富で、全国配送無料なのも嬉しいですね。
写真入りメッセージカードや、デジタルカタログ対応など、オプションも充実。
日用雑貨はもちろん、グルメやファッションアイテムなどなど盛りだくさん。
きっと相手方の好みのものが見つかると思いますよ。

 

 

ハンドクリームセット

女性ならきっとハンドクリームが必需品という方は多いはず。
特に冬場は何をしなくても乾燥。
家事をする方であれば、その乾燥は半端ないですよね。

 

乾燥をほったらかしにしていると、どんどんと手荒れがひどくなっていき、アカギレや皮がむけてしまうことも。
そこで、出産内祝いとして、ハンドクリームを紹介します。
参考にしてみてくださいね。

 

ロクシタン

ロクシタンのハンドクリームは定番で、かつ大人気のアイテムです。
普段から使っている方も多いのではないでしょうか。
ハンドクリームだけでなく、石鹸やリップクリームとのセットがギフト用にあります。
おすすめです。

 

自分で買っている方も多いかとは思いますが、市販品と比べるとどうしても割高なので、内祝いでもらうと女子なら喜んでくれますよ。
香りも季節によって様々です。
好きそうな香りを選んであげましょう。

 

ジュリーク

ジュリークのハンドクリームも良いですよ。
自然の恵みにこだわったオーガニックの植物から製品が作られています。
オーガニック、自然派コスメが好きな方におすすめ。

 

ベーシックなハンドクリームは、ローズ、ラベンダー、シトラス、ジャスミンなどがラインナップ。
どれも厳選された植物から、肌を美しくすこやかに保つ成分をバランス良く配合しています。
イメージに合う香りを選んでみてください。

 

 

 

 

祝電

最近はぬいぐるみ電報を出産祝いに贈られる方が増えています。

更新履歴
  • (2017/02/11)熨斗を更新しました
  • (2014/07/22)高島屋を更新しました
  • (2014/07/22)赤すぐを更新しました
  • (2014/07/22)いつを更新しました
  • (2014/07/22)お米を更新しました